カタログ・パンフレットの原稿のまとめ方とポイント

カタログ・パンフレットを作りたい、リニューアルしたいけど、どうまとめればいい?
そんな方のために、制作を依頼する際の原稿のまとめ方についてご紹介いたします。

「カタログ・パンフレットをつくりたいけど、進め方が分からない」
「原稿のまとめ方を知りたい」といった疑問に、少しでもご参考になれば幸いです。

デザインイメージを決める

カタログ・パンフレットの役割(目的・配布するシチュエーションなど)はすでに決まっていますでしょうか?そこがハッキリしていないと、以下の作業は進められません。

カタログ・パンフレットの役割が決まれば、次はデザインの方向性を決めていきましょう。
イメージカラー・ターゲットの性別や年代など、予め全体のイメージを持つことが大切になります。
イメージに近いパンフレットなどの参考資料があれば、よりスムーズな進行になります。

サイズ・ページ数(仕様)を決める

まず最初に、サイズやページ数などを決めましょう。

サイズは、配布するシチュエーション(郵送する・受付カウンターに置く・イベントで配るなど)、ページ数は、目的(オフィスに常備する・テーマを絞った商品を特集するなど)で決まってきます。カタログ・パンフレットの目的や、内容、費用によってページを増やしたり減らしたり調整します。

掲載する情報を整理する

ページ数が決まったら、載せる情報を整理します。

掲載する内容に悩んだり、困った時は、他社のカタログ・パンフレットを参考にしてみてもよいと思います。サイズやページ数には限りがあるため、情報を詰め込みすぎて伝えたいことが伝わりづらい。。。とならないように、内容に優先順位(強弱)をつけるのもポイントです。

レイアウトイメージを考える

サイズやページ数、内容が決まったら、具体的なレイアウトイメージを考えていきましょう。
A4サイズ、4ページのパンフレット制作をしたお客様のレイアウトラフ(イメージラフ)をご覧ください。

実際はここまで具体的でなくて構いません。箇条書きでページ内の優先順位をまとめたりでも大丈夫です。カタログ・パンフレットなどのページものでは、どのページにどんな要素を入れるかなどのページ割を考えておく必要があります。
ここで重要なのは、伝えたいことやストーリーを意識して、大まかでも整理して、形にしていくことが原稿整理において重要なポイントになります。それも苦手…な時は、デザイナーと打ち合わせしながらラフを作ってもらうのも進行がスムーズかもしれません。

原稿を準備する

レイアウトイメージまで準備できたら、次は制作物に使用するテキストや画像のデータを準備してください。
印刷物に使用する画像・イラストなどはなるべく大きいデータでいただくのが理想です。
ExcelやWordに貼り付けられた画像は、劣化が激しく印刷に適さない画像の可能性があります。
高解像度の画像、Illustratorデータなどがある場合はご準備いただくことをおすすめいたします。

準備する素材の適正サイズなど、原稿制作にお困り・お悩みな点がありましたら、弊社までお気軽にご相談ください。

以上がカタログ・パンフレット制作における原稿のまとめ方とポイントになります。
「カタログ・パンフレットをつくりたいけど、進め方が分からない」「原稿のまとめ方を知りたい」といった疑問に、少しでもご参考になれば幸いです。